« ニコンのはじまり | トップページ | ニコンニューF初登場広告 »

ニコンレンズシリーズE 100mmF2.8

ニコンレンズシリーズEは海外では1979年からEMと共に販売されていましたが日本ではおよそ1年遅れの80年3月にF3やEMと同時に出ました。
この時は外装はオールブラックのプラスチックそのままの仕上げデザインでしたがその1年後の81年5月には外観デザインをAi-Sモデルと似た物に変えられ高級感が増しました。
個人的には初期のプラスチッキーなデザインがシリーズEのコンセプトに合っていて好みでしたし、この100mmはとても軽くてコンパクトで標準レンズにしか見えないので特にお気に入りでした。
勿論写りもお気に入りで兄貴分の105mmF2.5に劣るどころかヌケの良さなどはこちらに分があると思える程でした。
因みに当時のモデルで比較しますと全長で約20mmE100mmが短く、重さでは105mmF2.5が435gであるのに対しE100mmは215gとおよそ半分でしたし、価格も105mmが39000円に対し23000円と4割強安くなっていました。

画像はニコンレンズシリーズE 100mmF2.8のモデルチェンジ後のカタログの1ページです。

E100mm1a

E100mm2a

|

« ニコンのはじまり | トップページ | ニコンニューF初登場広告 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/15548161

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンレンズシリーズE 100mmF2.8:

« ニコンのはじまり | トップページ | ニコンニューF初登場広告 »