« ニコンF プラスチックの指あて | トップページ | 開放F値設定動作(ガチャガチャ) »

ニコンF F-36

ニコンF用のモータードライブF-36や同様の後期S-36などはカメラ本体との調整は結構微妙なもので取り付けた状態でのガタやレリーズのタイミングストロークなどをコンマ1ミリ単位で行うのだそうです。
その為1台のF-36を使いまわしすることは使用頻度の異なるカメラを複数台同じように微調整で合わせることが難しいことから実質無理だとのことです。(以前お願いして断られました)
同ロット内などでたまたま誤差の範囲内で使える場合もあるかもしれませんがキッチリ調整してないと故障の原因になるとサービスの方に言われました。
その為私は予備のシーソー付きプレートを3枚ほど持ってますがそれを試してみた事はありません。
無調整で取り付けできるF2以降の機種をお使いの方にはあまりピンとこないかもしれませんね。

|

« ニコンF プラスチックの指あて | トップページ | 開放F値設定動作(ガチャガチャ) »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF F-36:

« ニコンF プラスチックの指あて | トップページ | 開放F値設定動作(ガチャガチャ) »