« ニコンFE 取り説のモデル | トップページ | ニコンF4 変更箇所 »

ニコンようかん

今ではニコンのオンラインショップで手軽に手に入れることができ有名になってしまいましたが、10年ほど前までは知人の社員の方などに頼んで社内の生協で購入してもらうなどしか入手方法はありませんでした。
ようかんの種類は「本練」「小倉」「白練」「塩羹」の4種類でたしか現在ネットで販売されている価格より生協での販売価格は随分安かったように覚えてます。
また、現在は一口サイズの物もでてますがこちらは本練、柚子、塩練の3種類が入っています。
製造元は栃木県にある(株)本宮で販売元は初めはニコン生協、後にカンパニー制により(株)ニコンライフが発売、さらに後、そのニコンライフとニコンロジスティクス、ニコン技術工房が合併し(株)ニコンビジネスサービスとなって現在発売されてます。

また、10年以上前には「ニコンせんべい」なるものも存在し、こちらは生協ではなく品川区大井町日本光学工業(当時)の前で煎餅屋さんが販売していたとの事ですが道路拡幅の際廃業されたようでこちらは今はありません。
*現ニコン(瓦)煎餅とは別件です。
ニコンブランド?の食品関係ではワインや米などもありました。
数年前にはサービスステーションなどでアンケートを行った時に抽選賞品でワインが当った事がありましたし、それらは生協でも売られていたようです。
他にもいろいろ在るようですのでご存知の方ご一報くださると嬉しいです。
Photo_4
A


|

« ニコンFE 取り説のモデル | トップページ | ニコンF4 変更箇所 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

我が家にもニコンダイレクトで購入した「ようかん」が届きました。またカメラかレンズでも買ったの?ってな段ボールに入っていましたが、ようかんに「ニコン」の文字を見て「なぁにこれ? 虎屋じゃないの?」と更に怪訝な顔をしていました。

それにしても何で「ようかん」なのでしょうか? 頭を使う技術系の人が多いので、ニコンにおつとめの皆さんは甘党なんでしょうか?

いずれにせよ、ようかんを口に入れる瞬間が楽しみです。

投稿: ふみとパパ | 2008年2月14日 (木) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/13387215

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンようかん:

« ニコンFE 取り説のモデル | トップページ | ニコンF4 変更箇所 »