« ニコンFのダイキャスト部分 | トップページ | Nikon F801 世界初1/8000搭載 »

ニコンFの耐久試験

ニコンFの耐久試験を行う場合、当時日本光学ではフィルムを装填しシャッター作動1000回(内訳、速度1秒で500回、1/1000秒で500回)を1サイクルとしてこれを10サイクル行っていました。
1サイクル終了毎に作動部分(レンズの着脱、裏ブタ着脱、ミラーアップなど11項目)を100回動かして作動チェックもしてました。
更に各サイクル毎にタイムラグ、接触効率、露出計精度など11項目の測定をするのもこの基本検査入っていたそうです。
このほかモータードライブを使用しての連続10万回のテストも併せて行っていました。

|

« ニコンFのダイキャスト部分 | トップページ | Nikon F801 世界初1/8000搭載 »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/13099848

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンFの耐久試験:

« ニコンFのダイキャスト部分 | トップページ | Nikon F801 世界初1/8000搭載 »