« 最初の近距離補正式採用 24mmF2.8 | トップページ | ニコンFの耐久試験 »

ニコンFのダイキャスト部分

ニコンFのボディダイキャストにあるフィルムガイドレール部分ですが高い精度を得るためある程度組み付けが終わった時点で精密な研削が行われていたそうです。
またダイキャスト部分など軽合金部品にはアルマイトの表面処理が幅広く施されています。
アルマイト処理もその使用目的などに応じて硫酸アルマイト、蓚酸アルマイト、クロム酸アルマイトが使い分けられていました。

|

« 最初の近距離補正式採用 24mmF2.8 | トップページ | ニコンFの耐久試験 »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/13099713

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンFのダイキャスト部分:

« 最初の近距離補正式採用 24mmF2.8 | トップページ | ニコンFの耐久試験 »