« レフレックスニッコール2000mm | トップページ | エル・ニッコール »

AMUSING LENSES ニコンおもしろレンズ工房

AMUSING LENSES ニコンおもしろレンズ工房は平成7年末に数千セットが発売されました。
超望遠、超広角、マクロ、ソフトフォーカスの多彩な撮影効果を安価に気軽に試してもらおうとして作られたと聞いてます。店頭での実売価格はだいたい2万円前後でした。
このレンズセットは簡易な構造で虹彩絞りもありませんが写りは外観や造りからの見た目以上に写り結構実用になるものでした。
レンズセットの内訳は「どどっと400」が400mmF8の超望遠レンズで2群4枚構成、最短撮影距離4.5m、鏡筒2分割式で携帯に便利な構造となっている。
「ぐぐっとマクロ」「ふわっとソフト」は同一鏡筒を利用組み換えでマクロレンズとソフトフォーカスレンズになり、
「マクロ120mmF4.5」 2群3枚構成、最短撮影距離0.64m、「ソフト90mmF4.8」 1群2枚構成、最短撮影距離0.4mとなっていました。
「ぎょぎょっと20」は魚眼レンズ風のディストーションでまるで対角線魚眼レンズのような撮影効果を得られるもので評判はこれが一番よかったようです。実際に私の使用でもこれらの中では最も多かったです。20mmF8、2群3枚構成、固定焦点1m~無限遠のパンフォーカスレンズ。
また、平成12年に同じセット内容ですが、若干の変更をして再生産し、ネットショップから再発売されました。
この時は箱のデザインなども若干違いましたが、更に別売で(株)ニコン技術工房より専用のフードも出て実用性はより高いものとなりました。このフードは金属製で造りはよいが、生産数が少ないので見かける事はほとんど無いと思います。ただ、箱と取り説以外にはニコン(関連子会社)製と判る表示がないのが残念です。因みに型番は20mm用がTI.HK-1、400mm用がTI.HN-1です。

|

« レフレックスニッコール2000mm | トップページ | エル・ニッコール »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/13204209

この記事へのトラックバック一覧です: AMUSING LENSES ニコンおもしろレンズ工房:

« レフレックスニッコール2000mm | トップページ | エル・ニッコール »