« ニコンF最初のズーム オートニッコールテレフォトズーム | トップページ | 電気モーター付きニコンS2(NikonS2E) »

レフレックスニッコール1000mmF6.3

35mmカメラ用カタディオプトリック系ニッコールとして初のレンズがレフレックスニッコール100cmF6.3で昭和34年末発表35年1月に発売されました。1000mmf63d

1000mmf63c
1000mmf63e














当初は他の超望遠レンズ同様ニコンFとS系ニコンカメラ共用システムとしてレンズマウントはニコンマウント(S系用)でS系にはレフボックスを、ニコンFにはN-Fリングを介して使うようになってました。
またこの頃のはセンチ表示でシリアル番号も10063*~始っていましたが後にニコンFマウント用になりミリ表示で下のデータシートのように変わりシリアル番号も63100*~と変更になりました。
(ニコン(S)マウントが約50本、Fマウントが約60本の製造と言われてます。)
初期の100cmF6.3レンズは鏡筒内に遮光筒が設けられていたのが判ります。





1000mmf63a
1000mmf63b

1000mm1


|

« ニコンF最初のズーム オートニッコールテレフォトズーム | トップページ | 電気モーター付きニコンS2(NikonS2E) »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/12653995

この記事へのトラックバック一覧です: レフレックスニッコール1000mmF6.3:

« ニコンF最初のズーム オートニッコールテレフォトズーム | トップページ | 電気モーター付きニコンS2(NikonS2E) »