« ニコンAF第二世代カメラF501AF | トップページ | ニコンFのシンクロタイムラグ »

モータドライブ用無線装置

ニコンFモータードライブ用無線撮影装置は当時としては本格的な遠隔撮影装置でしたが大きく重い物でした。

モータードライブの有線による撮影が困難な場合リレーボックスとの併用により無線装置一組で2ch,
2台までのモータードライブ付きニコンFを(後にニコンF2にも対応)各々、または同時に選択動作ができるようになってます。

主な性能、仕様等は下記の通りです。
送信機(オールトランジスタ)40×68×200(mm)重さ約760グラム(単3電池8本含む)
受信機(オールトランジスタ式スーパーヘテロダイン受信機)40×85×200(mm)重さ約800グラム(単3電池4本含む、前期型は8本)
搬送周波数27.12MHz(水晶発信機使用、前期型は他に26.968MHzタイプ有り)
変調周波数 f0:2300Hz f1:2500Hz f2:2700Hz f3:2900Hz
到達距離 最良条件約1km 市街地約300m
マンガン電池使用で約20時間連続使用可能
使用温度範囲 -5℃~+35℃

Nikonf_5


|

« ニコンAF第二世代カメラF501AF | トップページ | ニコンFのシンクロタイムラグ »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/12437957

この記事へのトラックバック一覧です: モータドライブ用無線装置:

« ニコンAF第二世代カメラF501AF | トップページ | ニコンFのシンクロタイムラグ »