« ニコンF2 巻き上げ角度 | トップページ | ニコンF2の擬革 »

ニコンF2 DS-1

ニコンF2の自動露出化アクセサリーDS-1、2、12はご存知のようにサーボモータで絞りリングを回転させ適正値まで移動させます。
この時間はおよそ1絞りあたり0.4秒ですので特別遅い訳ではありません。(到底速いとは言えませんが・・・)
もし長時間露光をするとどうなると思います?
露光中は絞りが絞り込まれて測光値が変わり絞りを開く動作をすると思う方もおられるかもしれません。
しかし、実際はそれを防ぐ為シンクロ接点からの情報によりサーボ動作を停止するようになっておりますので、適正露出から変わってしまうことはないのです。

|

« ニコンF2 巻き上げ角度 | トップページ | ニコンF2の擬革 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

余談ながら、キヤノンF-1のサーボEEファインダーは、スローシャッターを開いている最中に、絞りを開くというお茶目な芸を披露してくれます。

投稿: スポック | 2007年3月13日 (火) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/11617533

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2 DS-1:

« ニコンF2 巻き上げ角度 | トップページ | ニコンF2の擬革 »