« ニコンF2 巻き上げレバー | トップページ | ニコンF2 フォトミックファインダーの摺動抵抗 »

ニコンF2 DP-1接眼部

ニコンF2フォトミックの初期のDP-1の接眼部の角が当たって痛いというクレームが寄せられ改良されたと聞いております。
しかし導入当初から純正のアイカップを使っていた私は全くそのような感じを持ってなかったので意外な変更でした。本当の理由は別のところにあるのかもしれません。

その頃から擬革のシボもF様なものからF2以降普通に見られるタイプに変わりました。
時期としては本体は72年頃で番号では721万台に入る頃、ファインダーはそれより少し(3-4ヶ月程)遅れた頃だった思います。


F2catrog1

接眼部やレバー形状、巻きとりスプールでの説明など違いが分かるかと思います。

F2catrog2

|

« ニコンF2 巻き上げレバー | トップページ | ニコンF2 フォトミックファインダーの摺動抵抗 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/11435297

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2 DP-1接眼部:

« ニコンF2 巻き上げレバー | トップページ | ニコンF2 フォトミックファインダーの摺動抵抗 »