« ニコンF2 フォトミックファインダーの摺動抵抗 | トップページ | ニコンF、F2のプリズム »

ニコンF2のタイムラグ

ニコンF2はニコンFを改良したモデルですがその機構のほとんどが新設計でした。
シャッター幕はチタンでFと同じ素材ですが機構は改良され幕速も14.5msから10msと高速に、露光開始までの時間も32.5msから28msとタイムラグが少ないと評判だったF以上に短くなっています。
また、F2のシャッターダイヤルの「X」の位置で1/80なのですが、その時のシャッター幕スリットの幅がおよそ45mmと広く、幕速の高速化で安定したものとすることに寄与しておりますし、1/2000secの信頼度や秒5駒の連続撮影の安定性は高いものとなっています。
とはいえ20数年以上経っているカメラですので、今では1/2000secがきちんと出ているカメラは少ないかと思います。
永く使えるカメラですので、できれば定期的に点検して、場合によってはオーバーホールをしましょう。

F2_2

|

« ニコンF2 フォトミックファインダーの摺動抵抗 | トップページ | ニコンF、F2のプリズム »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/11541326

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2のタイムラグ:

« ニコンF2 フォトミックファインダーの摺動抵抗 | トップページ | ニコンF、F2のプリズム »