« ニコンF2 モータードライブのコマ速度 | トップページ | ニコンF2 MD-1初期型 »

ニコンF2 モードラスイッチユニット

ニコンF2用モータドライブMD-1のSCスイッチユニットですが初期はボタン部分が平たい四角形で上から下へ下げるタイプの物でした。
その後スイッチ部に触れやすい(不意に触れてレリーズされる)、何かに当てて壊れやすいということから改良されて丸い押しボタンタイプに切り替わりました。
切り替わった時期は1974年の半ば頃だったようです。

私は冬季など手袋の上からMD-2のレリーズをするときボタンが押し辛いので初期のMD-1に付いていたSCユニットと取り替えて使っていました。

|

« ニコンF2 モータードライブのコマ速度 | トップページ | ニコンF2 MD-1初期型 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/11541626

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2 モードラスイッチユニット:

« ニコンF2 モータードライブのコマ速度 | トップページ | ニコンF2 MD-1初期型 »