« ニコンF2 DP-2とDS-1 | トップページ | ニコンF2チタン »

ニコンF2のファインダー

F2のファインダー類の中で初期から後期までにマイナーチェンジされた物がいくつかあります。
例えばDE-1は初期は擬革がFと同様のシボの物でしたしその後のF2の革の物でも初めの頃というか中期頃まではF同様にファインダーと本体とのパッキン部分にモルトプレーンが使われてたのですが後期にはDP-1などと同様にゴムの物に変更となりました。
防水性の向上、キズをつきにくくする事などを考慮しての変更だそうです。
他にはDW-2などもアイピース部分の変更がありました。
下の画像は最初期のDW-2です。この後接眼部分に円形のアイピースゴムが付けられ、後期にはそのゴム形状がF3やF4同様デザインのつの型となりました。
ニコンF2はAE機構をボディに内蔵してない為逆入光の考慮の必要がないのでつの型のタイプでも便座蓋(汗)のようなアイピースキャップはついておりません。
DW-2a

|

« ニコンF2 DP-2とDS-1 | トップページ | ニコンF2チタン »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/11397620

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2のファインダー:

« ニコンF2 DP-2とDS-1 | トップページ | ニコンF2チタン »