« ニコンF2三面図 | トップページ | ニコンF2 モータードライブ »

ニコンF2のシリアルナンバー

ニコンF2のシリアル番号は710万台から始まって806万台で終わっていると言われてます。
その中で製造に使われていない番号帯がいくつかあります。
若いほうでは718万台と719万台、後期では797万台~799万台です。
初期の頃は頭2桁で色分けして製造してはいなかったのですが、中頃から奇数は黒、偶数は白(クローム)としておりました。
製造打ち切りが白は800万台の中頃の806台、黒が790万台中頃の796台の数字で終わった為黒の番号帯の797番台以降が使われなかったのです。
初期の718、719台などの欠番は補修部品として一部使われていたかもしれません。
因みにニコンFの場合は745万台前半が最終でしたがそれ以降746万台までは補修用として使われていました。
私も746万台の外板に交換して補修したニコンFを所有してます。

|

« ニコンF2三面図 | トップページ | ニコンF2 モータードライブ »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/11401975

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2のシリアルナンバー:

« ニコンF2三面図 | トップページ | ニコンF2 モータードライブ »